↑ UP
建物更新支援

建物更新支援

吉祥寺の商業地区の骨格は、1964年の都市計画決定をきっかけに形成され、その後50年の間に多くの商業施設が建設されてきました。吉祥寺におけるまちの課題の一つとして、これらの建物が、高経年化しているとともに、容積率を十分に使い切れていない状況があり、安全性や経済性の観点から、耐震化やリノベーション、あるいは建て替えなどの建物の更新時期を迎えているものが多数存在しています。開発公社では、これらの課題を有している建物所有者を交えた専門家による勉強会や市との意見交換を行うなど、まちの課題解決に向けた支援を行っています。

一覧へ戻る