一般財団法人武蔵野市開発公社

学生応援キャンペーン実施 ~PENNY LANE GALLERY~

2019年10月18日
〇学生応援キャンペーン実施のお知らせ

一般財団法人武蔵野市開発公社(以下、「開発公社」)は、街のにぎわい創りの一環として、アートやデザイン分野でチャレンジするクリエーターのための「PENNY LANE GALLERY(ペニーレーンギャラリー)」を、コピス吉祥寺A館1階に、今年6月にオープンいたしました。このたび、2019年10月18日(金)~2020年3月25日(水)の期間限定で、創作活動に取り組む学生の方を応援する学割キャンペーンを実施致します。

●通常料金:1クール(6日間)、¥50,000円(税込)

●学割料金:1クール(6日間)、¥30,000円(税込)

●お申込・お問い合わせ
https://www.m-kaihatsukosha.or.jp/project/plg/
※上記から使用申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、展示作品概要資料及び、学生証のコピーを添えてWebに記載のFAXまたは、メール添付にてお申込下さい。

      ~~~

●学生展示・第一弾
○展示名 : 曙色のノンフィクション
○作 者 : 武蔵野美術大学
・三角 まどか氏(平面・立体)
学生時代の終わりが近づき、社会、家族、友人、自分との関係が大きく変化していく現実を丁寧に受け止めて作品を制作した。種やハイヒールなど作品の素材には、今感じている想いを重ねている。素材に想いを掛け合わせて生まれた新しい美しさを感じて頂きたい。
・川添 陽奈氏(油絵)
卒制や就活といった現実が頭から離れない日々だが、そういう時に、ふと見えない未来に想いを馳せてみたり、色んな感情が衝突した学生生活の端々を振り返ってみる。作品は、それら“今”感じる思いと感情を色、モチーフに込めて描いてみた。
○期 間 :2019年10月18日(金)~10月23日(水)
○時 間 :10時~19時(18日は、12時より)

」前の記事へ 

ページのトップへ